ジャンクでレスポールJr.(2)

ジャンクで作るレスポールジュニア。前回ビス穴を埋めたネックをボディに取り付けてみましょう。

ネックをボディにクランプで固定します。この時ネックとボディの中心線を確認して、ピックアップやブリッジとの位置を合わせなくてはならないのですが、今回は「だいたい合っていればよし」としました。ピックアップもブリッジも後で手を加える予定なので。

用意したビスはなぜかインチサイズでしたが、細かい事は気にせずいきましょう。ビスの径を測ると4ミリなので、少し細めの3.5ミリのドリルで下穴を開けます。

用意したビスとワッシャー。このボディのネック接合部はストラトなどのようなプレートではなく、ワッシャーを使うタイプなのです。
ドリル刃に印をつけて、ビスの長さ約40ミリの深さまで掘ります。

穴が空いたら、そのままドライバーでビスを捻じ込みます。そのままビスが打てるように、なるべくビス穴を塞がない位置でクランプしておくと作業しやすいですね。

4本とも捻じ込み完了。新品はきれいですね。あれ? なんか、出っ張り具合がバラバラですね。ボディ背面の塗装を剥がした時、ヤスリがけが均等にできていなかったからでしょうか? 後でどうにかできそうなので細かい事は気にせずいきましょう。

はい、ネックとボディがくっつきました。レスポールキットの時も思いましたが、ボディとネックが繋がると、とたんに「ギターになった!」感がしますね。

外してみた図。前に埋めた8個の穴と、今回のとでは位置が全然違うのが一目瞭然ですね。

さて、ここまでは簡単な工作でした。しかし、ここからは少し難しい工作が待っています。はたしてうまくいくのかどうか…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です