Amazonで試着&購入(&セルフ裾上げ)

またまた久々の投稿ですね。今回は工作ネタではなく、ジーパンの話。です。

最近知ったのですが、何やらAmazonで『Try Before You Buy』なるサービスが開始されています。文字通り「買う前に試すことができる」というprime会員が利用できるサービスです。

返品とどう違うかというと、商品が到着してから7日間は、決済が行われないという点です。その期間に品物を試して、もしも気に入れば購入、そうでなければ返送するという具合。要するにお金が動かないという事。なので気持ち的にはまさに試着する感覚に近いのかもしれません。詳しくはAmazonの解説ページをご参照ください。

Leeのベルボトムです。ブーツを履いて少しでも足を長く見せようって魂胆です。はい。

というわけでものは試し。ジーパンを試着註文してみました。Leeのベルボトム。202です。到着も早かったですし、商品も当たり前ですが新品です。さらに返品用の伝票まで同封されてきました。いたれりつくせり。すごいですねTry Before You Buy

Amazonに限らず洋服の買い物は難しいですよね。筆者も何度と失敗を繰り返してきました。返品できればまだいいのですが、開封直後迂闊にタグを切ってしまい返品できなくなってしまったり。

今回は幸いにもサイズもピッタリ。さらにお値段もなかなかお手頃だったので、7日も待つ事なく購入手続きを完了。いい買い物ができると嬉しいものです。この試着サービス、どんどん利用していこうと思います。

さてさて。ジーパンやズボンをネットで買う場合、自分で裾上げをしなければならないというデメリットがあります。お値段次第では町のお直し屋さんに依頼するという手もあるでしょうが、当ブログは工作ブログ。自分でやってみましょう!

裾上げ。もちろん初めてです。ミシンは、ちょっとだけ使った事がある程度。正直裁縫関係はどうも苦手なのですが…何でも挑戦です。怖がらずいきましょう。

木工などと違って、お裁縫の世界ってこういう目印がつけにくいですよねー。ピシっといきたいんですけどね。なかなかできないんですよね。

まず長さを決めたら、印をつけます。どうせ見えなくなる場所なので、マッキーでズビビ!と線を引きました。

そしてそこから三つ折りにして縫い付ける分(今回は3センチ)を残してジョキジョキ切ります。

生地がもったいないだと? フ…短足の不幸を呪うがいい。

でもってアイロンで折り目をつけます。アイロンも苦手です。電気工具なみに危ないですアイロン。熱い熱い。

そしてミシン登場。使い方DVDを何度も見て頭に叩き込みます。『デニム用の針』とか、『太い下糸』とかを使用すべしとネットには書いてありますが、「ゆっくりやりゃあ大丈夫だろう」とたかを括りノーマル装備で突撃。

あまり使われていない我が家のメカ。

結果は何というか…「たはは」な感じに。糸とか針とかが原因? 多分それ以前のスキルな気がします、はい。まあ初めての裾上げだし。足元なんて誰も見ねーし。解けたら直せばいーし。今回はこれでオッケー!

うおお、曲がってるぅ〜
ぐええ!何じゃこりゃああああ!
うーん。ま、いっか!

自作ファイヤーバード(38)フレット打込み

フレットの打込みです。長らくやってきた自作ファイヤーバード。なかなかハードな工程にさしかかりました。初めてのフレット打込み。さて。

フレットには様々なサイズがあるようで、好みのものを選ぶのが正解だとは思うのですが、正直よくわかりません(そもそも下手なので)。

ずいぶんと前に買ったフレット。ギターワークスさんのものと、ジェスカー社のもの。Gibsonサイズのものと、少し太めのサイズのもの。右端の黒いのはクイキリと呼ばれるニッパーです。

考えてもしかたないので、ここは素直に本家Gibsonで使われている『ミディアムハイ』というサイズでいきましょう。

一袋に24本入っております。制作中のファイヤーバードは22フレットですので、2本余る計算となります。

フレット溝を掘り直し(指板のアール加工で浅くなっているので)、溝を掃除。そしてクイキリと呼ばれるニッパーを使いフレットのサイズをおおまかに整え、両端のフレットタンをカット。早速打っていきましょう。使うのは普通のトンカチです。

ところが…ところが…ところが…

打てども打てどもフレットが入っていきません。力を込めて叩き込む勢いでトンカチを打っても、ピカピカだったフレットの表面が傷ついてゆくだけ。3本のフレットをダメにした上(2本までなら許された)、これ以上やると指板まで傷つけてしまいそうなので一旦ストップ。落ち着こう。

なかなか入らないフレット。1フレット目ごどうにか入った…と思いきや、何か緩くてすぐ抜けそう …。

こういう時は先人の知恵を頼るに限ります。検索検索。なるほど色々と知らなかった事などもあり勉強になりました(フレットは指板のアールよりも少しキツめのアールにしてやる等)。しかし皆さん、さほど苦労する事なく打ち込んでいる様子。一体何がいけないのか

失敗の原因ほ依然わからないままではありますが、アプローチを変えます。ボール盤を使う事にしました。叩き込むのではなく、専用の治具を使いフレットを溝に押し込んでやるという方法です。

新たに購入したフレット挿入用の道具(名前がよくわからない)と、束売りのフレット。YJBパーツ製。35センチのものが20本入ってます。これならいくらでも失敗できます。
名前のよくわからない道具。指板のアールに合わせた先端パーツが3種類はいっています。
こいつをボール盤につけてぐいっと押し込むという寸法です。
棒の部分は分解可能でしたので、こいつ自身をハンマーで叩くなどもできそうです。

結果、驚くほどスンナリ、ガッチリとフレットを固定できました。よかったよかった。

フレットをマスキングで保護。
溝も綺麗にしましょう。
フレットは指板のアールよりも、少しキツめのアールにしてやるのがいいそうです。これは全く知りませんでした。購入したフレットは12インチアールほぼピッタリだったので、少しアールをつけてやりましょう。
フレットのアール加工にはクイキリを使いました。が…あまり上手くできません。専用の工具があるらしいのですが、今回はこのやり方で頑張ってみました。
フレットタングと呼ばれる下(舌?)の部分。左右を3ミリ程カットします。理由は何なのでしょう?よくわかりません。これもクイキリでやったのですが、あんまりキレイにできなかったうえに、端だけアールが緩くなってしまいました。こちらも専用工具があるらしいのですが…。
フレットごとに長さを調整したものを並べます。プラモのパーツ乾燥用の台を使いました。プラモ道具が役に立つと何か嬉しいですね。
ボール盤に固定したの図。ハンドルをおろしてグイッとやります。これを22本やるわけですが、全く苦ではありませんでした。
バッチリ入ったフレット。手で引っ張ってもビクともしません。

失敗の原因は未だわかりません。アールを余分につけなかった事がいけなかったのか? 溝の掘り直しが甘かったのか? 溝のゴミ掃除が足りなかったのか? この辺りは、またの機会に検証してゆきましょう。

次に無事に打ち込まれたフレットの両端を処理します。クイキリでカットした状態では切断面にバリなどがありギターとして弾きにくいどころか大変危険です。ヤスリを使って好みの形に仕上げてゆきます。

ヤスリはいくつか試した結果、ダイヤモンドヤスリがとても気に入りました。先の尖った形状が非常に使いやすかったです。

メーカー忘れましたが、この形状がフレット用になかなかナイスでした。削れ感も筆者的にオッケーな感じ。
テキトーな真っ直ぐな当て木に耐水ペーパー(400〜600位だったかな?)を貼り付けてフレットの高さを調整。

フレットの処理。楽しい工程ではあったのですが、なかなか骨の折れる作業でした。22×2箇所をゴリゴリ削るわけなので。これだけで1日分の体力と気力を使い果たした気がします。

フレットが打ち込まれたファイヤーバードは、まさにギター!って感じになってきた感じですね! さあどんどん進めましょう!!

自作ファイヤーバード(37)配線穴加工リベンジ

自作ファイヤーバード配線穴加工。リベンジです。

前回はボディトップにできるだけ穴を開けたくないという思いから、『コントロールキャビティ』『ピックアップ座グリ』という最短コースの穴を開けようとして壮絶に大失敗をしました。なので今回は素直に『コントロールキャビティ』『中継地点』『ピックアップ座グリ』というルートにします。本家も確かこうなっていたはず。

というわけで中継地点を作ります。ボディトップのピックガード下となる場所にザグリビットで穴を掘ります。

トリマーを使う事も考えたのですが、今回はボール盤でいきました。準備の手間を考えるとこちらの方がお手軽なので。
長いドリルビットを使います。細いのから初めて、適度に太い穴に拡張します。

ピックアップ座グリからの穴は上手くいきました。しかしコントロールキャビティまでは、まだ少し距離がある様子。うーむ。ここは無理をせず中継地点を拡張しますか。

はい。見事に開通しました!

見事開通!バンザーイ!バンザーイ! 写真では見えづらいですが、ブリッジアース用の穴もついでに開通してます。

中継地点は少々かっこ悪い形の穴になりましたが、隠れる部分なのでよしとしましょう。ついでにピックアップ座グリの中も、配線の収まりが良くなるように少し加工しました。

どんどんいきましょう! 次はいよいよ……?

自作ファイヤーバード(36)ナット位置調整

当ブログも何回目かの夏を迎えました。モチベーションがまだ消えていない事に我ながらびっくり。さて自作ファイヤーバード、やっていきましょう。

薄々気づいてはいたのですが、現状のままナットを固定すると指板が厚すぎるため弦高が稼げない事が判明しました。つまりナットを高くしなくてはならないわけです。

対策はシンプル。ゲタを履かせます。ホンジュラスマホガニーの端材を加工してナット下に貼り付けましょう。このためには小さくて薄い板状パーツを切り出す必要があります。

小さくて薄いパーツ。一発で切り出すのは至難の技ですので、そこそこサイズの物を切り出した後、ヤスリで地道に削ってゆきます。

切り出した木片を作業机に両面テープで固定して、地道にヤスってゆきます。およそ5×6×2ミリが目標。

これまたそこそこサイズになってきたらパーツをギターに仮固定して高さを確認してみましょう。『ブリッジのアンカーを打ち込んで1弦と6弦を軽く張る外してまたヤスリがけ』を繰り返します。

出来上がったゲタをはめたの図
さらにナットを仮固定したの図

さて。これでうまく行くと油断した矢先にトラップが待っていました。『削りすぎた』のです。大きすぎる物は小さくできますが、小さすぎる物は大きくできません。時間と苦労を費やして作った物が無駄になる時のガッカリ感たるや

ここは焦らずに、めげずに、『もう一回』やるしかありません。でも心配ご無用。面倒くさい道を進む旅人に工作の神様はご褒美を用意してくれるのです。『2回目の法則』です。

どんな工程も2回目は、実時間にして10倍、体感時間にして100億倍のスピードで作業できると素人工作学会で実証されています。実際今回も2回目は全く苦労する事なくすんなり出来上がりました。

ラストはお馴染みタイトボンドで接着。翌日無事に固定完了いたしました。

さあ自作ファイヤーバード、この夏どこまでゆけるのか!?

Magic Trackpad用パームレスト

久方ぶりの工作の記録。です。

筆者、あれこれ書くのが本業なんですが、コロナ以降もっぱら『仕事は家で』となりまして。MacBookをより快適にすべく大画面モニターやら外付けキーボードに手を出しました。自作キーボードなんぞも試したりしつつ、最近は(工作仲間born2bmild さんの勧めもあって)PFUのHappy Hacking Keyboardを使用してました。

しかしMacBookに慣れた身としては、キーの下にトラックパッドがないのは不便だなぁと思いつつ、MacBookとHappy Hackingを行ったり来たり。そんな折、AmazonのセールでMagic Trackpadを発見。試してみるべく購入しました。

最初に手にしたMacがそうだったので、以降ずっと英語配列派。何だかカッコイイし。しかしhappy hacking keyboardの英語配列はカーソルキーがちょいと使いずらい…という理由も。

Magic Trackpadとは、Appleが出している外付けトラックパッド。MacBookなどのトラックパッドを単体にしてちょいと大きくした感じの製品です。これをHappy Hackingの手前に置けばMacBookと同様の使い方ができるはず。

難点としては先述のようにサイズがデカいので手のひらに干渉してしまう事。これについては諸先輩のみなさんはパームレストで解決されている様子。しかし探してみても、なかなかコレ!といったパームレストは見当たらず…。

そういう時は作る、です。というか、パームレスト自作の前提で購入したんです。実は。

はたしてどんな設計がベストなのか…。ものは試し。作ってみて、使ってみて、考えてゆきましょう。

横幅を揃えた厚さ約11ミリの集成材を置いてみた図。

材料はファルカタ集成材。軽くて柔らかいので試作品をサクッと作るのにもってこい。我が家に端材が沢山あったのというのが一番の理由です。

デザインは至ってシンプル。真ん中部分を四角く凹まして、そこにMagic Trackpadが収まるというもの。

当初、ガイドを四角く固定してトリマーで…と軽く考えていたのですが、Magic Trackpad本体を観察して、ある事に気づきました。角の丸みが意外と大きい…。測ってみると直径約17ミリ…。17ミリ?  お主さてはインチの者だな…!? 手持ちのトリマービットはほぼ全部10ミリ。

というわけでテンプレートから自作する事に。非常に面倒臭いんですが、それが工作というもの…! とはいえ17ミリのドリルはなかったので角の丸みは18ミリでいきます。

18ミリで角に穴を開けた図。すでに微妙にズレてるけどドンマイ。
ジグソーで内側をババっとカットしたら、あとはトリマーで仕上げます。トリマーの為のテンプレートをトリマーで…いつもの事です。
出来上がったテンプレート。角の丸みが歪な箇所もあるけどドンマイ。
深さ調整の関係で上に材を重ねているので写真では見えませんが、下にテンプレートが固定されてます。
ヤスリでジャジャっと面取り。素材が柔らかいとこういうのも早いです。塗装は…とりあえずいらないかな?

久しぶりのトリマー作業は楽しくもあり、おっかなくもあり。幸い怪我もせず終える事ができました。しばらく試してみてまたいつか使用感など投稿できればと。

ピッタリすぎたらどうしよう?なんて思ってましたが、なぜか隙間ありあり超余裕な仕上がり。

ジャンクエフェクター

定期的に何かを集めたい衝動に駆られます。ジャンクギターやパーツを買い漁ってみたり(今はおさまりました)、ホットウィールを集めてみたり(今はおさまりました)。で、しばらく前からギターエフェクターを集め始めました。特に最近はBOSS。新品を買う事もあるのですが、「販売修了」「廃盤」などと言われると何だか気になってしまい、もっぱら中古漁りに夢中です。

ジャンクとはいえ値段の割にキレイ。個人的に中古BOSSは裏側の写真を見て判断してます。この子は非常にキレイでした。アルコールで拭いたらコントロール部の印刷が一部消えました。ぎゃー。皆さん気をつけましょう。

そんな中、最近入手したのがXtortion(XT-2)という歪み系のモデル。こちらも販売は終わっており、昔レッチリのジョン・フルシアンテが使っていたとかで、プレミアがついている事もあるそうです。あ、はい。ミーハーなんです。

今回入手したのはジャンクという事で、比較的お手頃でした。試してみると…なるほど確かにノイズが凄く、バイパスにしても音が安定しません。特にドライブのツマミをあげるとドピー!と発信音。

でも大丈夫! アナログエフェクターなら何とかなるはず! もちろん専門知識などありませんが…。

というわけで早速裏蓋をパカー。すると…蓋の隙間や保護カバーに、何やら僅かにオイルのような液体が。何だろう? とりあえず拭き取ります。

基盤裏をジーっと観察。しかし特に素人にわかるような断線やショートは見当たらず。

さらなる分解を進める前に、ここでもう一度、ギターを繋ぎ症状を再現してみましょう。すると…先程とは違い発信音は治り、バイパス音も安定。ドライブをあげると歪み系特有のノイズはありますが許容範囲。

おお。これが本来のXT-2の音なのか(たぶん)。歪みとしてももちろん、ドライブを絞ってオーバドライブ的にクリーンで使ってもカッチョイイです。やったぜ。

各部をグリグリいじくってみると、再び音に乱れが。どうやらアウトプットジャックが不安定な模様。基盤を浮かせて中を覗き込んだ時に何か接触が正常になったのか? あるいは最初からジャック部の不調だったのか?(多分これ)ジャックは交換するほどではなさそうなのでこのまま元に戻しました。

ネジのゴムもヘタっていたので新品に交換。これでとりあえず遊べるゾ。

そう言えば昭和の頃のラジオや家電は、蓋を開けて中を見て閉めるだけで直る事ありましたよね。

ライブで使うのは少々怖いですが、自宅で遊ぶには申し分なし。とりあえず壊れた物が直ったのと(何もしてませんが)、収集欲も満たされたので万事オッケー。

ところで……いつまでエフェクターを集め続けるの……?

バケツ型洗濯機で上靴を洗おう

すっかり更新ご無沙汰状態の当ブログ。メイン記事のファイヤーバードだけでなく、楽しい工作がなかなか出来ずにおります。

そんな中で今回は上靴の話。

上靴といえば、筆者が子供の頃は学校に置きっぱなしにしていた記憶があるんですが、最近は毎週末に家に持って帰らねばなりません。そして洗ってまた次の月曜に持っていく…という。はっきり言って面倒くさい。

天気のいい日だと外でゴシゴシ洗うのも気持ちいいんですが、雨とか、寒い日とか、プチヘビーなミッションなわけで…。

そこで、前々から気になっていたバケツ型洗濯機を買ってみました。

買ったのはシービージャパンというブランドのバケツウォッシャー。このデザインのものはAmazon限定とありました。他にもいろいろ出てるみたいです。

上の白いバケツ部分が水や洗濯物を入れる洗濯機本体。下の紺色の部分が電源や駆動装置を内臓した台座となってます。バケツ部分を持ち上げて分離させ、給排水します。使用を開始して数ヶ月。ロゴマークが少しはげてます。

この洗濯機、容量は10リットルで、子供の上靴なら2足いけちゃいます。使い方は簡単。ぬるま湯や水を入れて洗剤投入、洗濯物(靴)を入れたら、台座にセット。そして、タイマーダイヤルを回すとゴロゴロと洗濯が始まります。音も個人的にはそんなに気になりません。入れる物によりますかね。

15分の洗濯と15分のすすぎで、ほぼ手洗いと同じくらいの仕上がりとなります。

洗濯やすすぎが終わったら、バケツの部分を傾けて排水。まるでカップ焼きそばの湯切りの要領ですな。10リットルの水はそれなりに重いんですが、排水溝や屋外などて本体を傾けてやればそんなに大変じゃありません。

これが
こう

上靴の他にも雑巾とか、家の洗濯器で洗うのはちょっと…というような物を洗うのによさげ。

唯一の難点は、電源コードがちょっと短いこと。延長コードを使えば問題ないんですが、もう少し長いとありがたいですね。

というわけで、どうにか頑張って工作などの時間を捻り出してゆきたいところ。夏休みにはひょっとして…?

部屋干しのニオイ(続報)

一年ちょっと前に購入した『SHARP銀イオンホース』。洗濯機のホースに取り付けるだけで部屋干しした洗濯物のニオイを消してくれるというこのアイテム、経過のご報告です。

前回の投稿が2021年11月でしたので1年と少し使用したことになります。正直、使っているのもすっかり忘れておりました。つまりはニオイには悩まされる事なく過ごせたという事。効果が保つのは約1年ということでしたので、そろそろニオイが戻って来るのかもしれません。

というわけで、交換カートリッジを購入。取り替えてみることにしました。

取り替えは簡単。水道ホースから本体を取り外し(蛇口を閉めるのを忘れずに!)カートリッジを取り替えるだけです。

カートリッジ…というよりも、内臓をまるごと交換といった感じ。まぁ、予想はしておりました。つまりはカートリッジが本体。こいつを毎年買い替える事になるわけです。とはいえ後述にある通り、1年と限定せず、何となくニオイが戻ったな? と感じてからの交換でもいいかもしれませんね。

部屋干し臭もない状態なので、なかなか実感に乏しいので、カートリッジの中を観察してみることにしました。すると…何やら金属板のようなものが見えます。そしてこの金属板、新品と比べると1年物はすっかり薄くなっているのがわかりました。ニオイ効果の実感はありませんが、カートリッジの中の金属板はここまで痩せ細りながら頑張ってくれていたようです。うん。お疲れ様でした!

こちら約1年使用したもの。
こちらが新品。銀イオンの元と思われる金属プレートの変化がハッキリわかりますね。

 

ちなみに。今回久々に銀イオンホースを使用しないで洗濯をしてみました。部屋干し臭が復活して、銀イオンのありがたみを実感できる! と思いきや……結果は、部屋干し臭ゼロ!? よく考えてみると、銀イオンによって既に防臭抗菌された状態なので、一回普通に洗濯したくらいでは、すぐに臭うこともないという事。なるほど。

そんなわけで、引き続き(少なくとももう1年程)使用を継続しようと思います。

自作ファイヤーバード(35)合体!

前回、オリジナル仕様の配線穴を加工しようとして大失敗。実際にはこの後、気を取り直し先を進むまでに数週間を要しました。まあ、失敗した穴については、後で何とかするとして、配線については素直に本家の仕様に合わせましょうかね。

さて。いよいよネック本体にボディ材を接合します。ファイヤーバード合体であります。

接合においては、そのままタイトボンドでくっつけるのもありなのですが、強度を増すためにダボをかますことにしました。強度は大事。

ちなみに、本家ファイヤーバードはダボなどは使われておりません。そのかわり接合面が平らではなく、V字型に加工してありズレ対策&強度に貢献しているようです。

そしてさらに、位置がズレることのないように治具を用意。前回、大失敗したばかりのせいか慎重ですね。

今回作った治具。適当な木材に2箇所ステンレスパイプを打ち込んだ簡単なものです。これにより材に対して垂直に、かつ等間隔にダボ穴を開けられるというわけです。

地口をガイドにドリルで穴を開けたら、ダボを介してタイトボンドで接着!

片側ずつタイトボンドで圧着してゆきます。
左右のボディ材を固定した図。こんなこともあろうかと、長いクランプも用意してありました。

そして1日放置。見事にガッチリとくっつきました。合体成功です!

続いて中央のネック材下部をボディ材に合わせてカットしましょう。

ネック材(ホンジュラスマホガニー)と、ボディ材(アフリカンマホガニー)の色の違いが面白いですね。さて、これが塗装するとどうなるか?

ついにファイヤーバード全体のシルエットが出来上がり! ゴールが見えてきた気がします!

自作ファイヤーバード(34)配線穴加工

書くネタは色々溜まってはいるのですがブログを更新する暇と気力がなかなかない…という状況でして。いかんですね、こんな事では。今年こそは。今年こそは…!!!

というわけでファイヤーバードの進捗です。前回、ピックアップの座グリを加工しました。続いてボディ材を取り付けようかと思ったのですが、ここでふと閃いたのです。先に配線用の穴を加工してしまおう!

本家ファイヤーバードは、ボディ表のピックガード下に配線溝が掘ってあるのですが、これはピックアップセレクター位置の都合による仕様です。しかし、ファイヤーバード1というモデルにはピックアップは1個だけなので、セレクターはありません。ピックガード下とはいえ、ボディ表に余計な加工はしないで済むならしたくない。

ボディ接合前に、コントロールキャビティからピックアップの座グリまでズドンと穴を穿ってしまおうというわけです。

早速いきましょう! 用意したのは長〜いドリルビット。慎重に角度を確かめて、ボディ接合面からギュイイイン!!

その時…

事件は起こったのでした…

ギヤアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!

おわかりいただけたでしょうか。

ピックアップの座グリから顔を出す予定のドリルの先端が、あろうことか…

ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアカアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。