部屋干しのニオイ(続報)

一年ちょっと前に購入した『SHARP銀イオンホース』。洗濯機のホースに取り付けるだけで部屋干しした洗濯物のニオイを消してくれるというこのアイテム、経過のご報告です。

前回の投稿が2021年11月でしたので1年と少し使用したことになります。正直、使っているのもすっかり忘れていたのですご、つまりニオイには悩まされる事なく過ごせたという事。効果が保つのは約1年ということでしたので、そろそろニオイが戻って来るのかもしれません。

というわけで、交換カートリッジを購入。取り替えてみることにしました。

取り替えは簡単。水道ホースから本体を取り外し(蛇口を閉めるのを忘れずに!)カートリッジを取り替えるだけです。

カートリッジ…というよりも、内臓をまるごと交換といった感じ。まぁ、予想はしておりました。つまりはカートリッジが本体。こいつを毎年買い替える事になるわけです。とはいえ後述にある通り、1年と限定せず、何となくニオイが戻ったな? と感じてからの交換でもいいかもしれませんね。

部屋干し臭もない状態なので、なかなか実感に乏しいので、カートリッジの中を観察してみることにしました。すると…何やら金属板のようなものが見えます。そしてこの金属板、新品と比べると1年物はすっかり薄くなっているのがわかりました。ニオイ効果の実感はありませんが、カートリッジの中の金属板はここまで痩せ細りながら頑張ってくれていたようです。うん。お疲れ様でした!

ちなみに。今回久々に銀イオンホースを使用しないで洗濯をしてみました。部屋干し臭が復活して、銀イオンのありがたみを実感できる! と思いきや……結果は、部屋干し臭ゼロ!? よく考えてみると、銀イオンによって既に防臭抗菌された状態なので、一回普通に洗濯したくらいでは、すぐに臭うこともないという事。なるほど。

そんなわけで、引き続き(少なくとももう1年程)使用を継続しようと思います。

 

 

 

自作ファイヤーバード(35)合体!

前回、オリジナル仕様の配線穴を加工しようとして大失敗。実際にはこの後、気を取り直し先を進むまでに数週間を要しました。まあ、失敗した穴については、後で何とかするとして、配線については素直に本家の仕様に合わせましょうかね。

さて。いよいよネック本体にボディ材を接合します。ファイヤーバード合体であります。

接合においては、そのままタイトボンドでくっつけるのもありなのですが、強度を増すためにダボをかますことにしました。強度は大事。

ちなみに、本家ファイヤーバードはダボなどは使われておりません。そのかわり接合面が平らではなく、V字型に加工してありズレ対策&強度に貢献しているようです。

そしてさらに、位置がズレることのないように治具を用意。前回、大失敗したばかりのせいか慎重ですね。

今回作った治具。適当な木材に2箇所ステンレスパイプを打ち込んだ簡単なものです。これにより材に対して垂直に、かつ等間隔にダボ穴を開けられるというわけです。

地口をガイドにドリルで穴を開けたら、ダボを介してタイトボンドで接着!

片側ずつタイトボンドで圧着してゆきます。
左右のボディ材を固定した図。こんなこともあろうかと、長いクランプも用意してありました。

そして1日放置。見事にガッチリとくっつきました。合体成功です!

続いて中央のネック材下部をボディ材に合わせてカットしましょう。

ネック材(ホンジュラスマホガニー)と、ボディ材(アフリカンマホガニー)の色の違いが面白いですね。さて、これが塗装するとどうなるか?

ついにファイヤーバード全体のシルエットが出来上がり! ゴールが見えてきた気がします!

自作ファイヤーバード(34)配線穴加工

書くネタは色々溜まってはいるのですがブログを更新する暇と気力がなかなかない…という状況でして。いかんですね、こんな事では。今年こそは。今年こそは…!!!

というわけでファイヤーバードの進捗です。前回、ピックアップの座グリを加工しました。続いてボディ材を取り付けようかと思ったのですが、ここでふと閃いたのです。先に配線用の穴を加工してしまおう!

本家ファイヤーバードは、ボディ表のピックガード下に配線溝が掘ってあるのですが、これはピックアップセレクター位置の都合による仕様です。しかし、ファイヤーバード1というモデルにはピックアップは1個だけなので、セレクターはありません。ピックガード下とはいえ、ボディ表に余計な加工はしないで済むならしたくない。

ボディ接合前に、コントロールキャビティからピックアップの座グリまでズドンと穴を穿ってしまおうというわけです。

早速いきましょう! 用意したのは長〜いドリルビット。慎重に角度を確かめて、ボディ接合面からギュイイイン!!

その時…

事件は起こったのでした…

ギヤアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!

おわかりいただけたでしょうか。

ピックアップの座グリから顔を出す予定のドリルの先端が、あろうことか…

ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアカアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

はじめてのケルヒャー

前々から気になっていたケルヒャーを買いました。今や高圧洗浄器で検索すれば様々なメーカーのものがヒットします。しかし、インスタントカメラといえば『ポラロイド』、ロボットのオモチャといえば『超合金』、高圧洗浄器といえばやはり『ケルヒャー』かなと。ミーハーです、はい。

ケルヒャーといっても様々なタイプが販売されていますが、今回購入したのは『K2サイレント』という小型のモデル。大きい方がパワーがあるのでしょうが、置き場所を考えて、小振りなタイプを選びました。

では早速使ってゆきましょう。

続きを読む はじめてのケルヒャー

自作ファイヤーバード(33)ピックアップの座繰り

すっかり更新が滞ってしまいました。3ヶ月ですか。ずいぶんとサボりましたね。とはいえ、まったく何もしていなかったかといえばそうでもなく。合間を見て工作はしていたのです。しかしその内容をブログにしたためる時間がない(気力がない)という塩梅。

そんなわけで今となってはずいぶん前に作業をした内容を書いてゆきます。忘れちゃってる部分も多いですがご勘弁ください。

まずはファイヤーバードのボディー部分にブリッジポスト用の穴をあけましょう。今回はラップアラウンドタイプのブリッジを取り付けますので、2ヶ所に穴をあけます。

今回使う予定のラップアラウンドタイプのブリッジ。エピフォンのギターについたライトニングブリッジという奴。某フリマサイトで入手。このシュッとした細いライトニングが通販サイトなどでは売ってないんですよねー。

弦長はミディアムスケール。約648ミリなので、そのあたりに来るように穴位置を決めます。細かい位置合わせは実際に弦を張ってみて調整しますんで、なるべく後で調整しやすい位置にしておきましょうかね。ボール盤でズビビ! と開けちゃいます。

高音弦側がほぼスケールジャスト、低音弦側が少し後ろ気味に。でもって、さらにほんの僅かセンターを低音弦側にずらしました。ブリッジが斜めになると弦が僅かに高音側に移動してしまうからですが……ちょっと寄せ過ぎたかな? ま、いいか。

さてピックアップの座繰りもやっちゃいましょう。はたしてピックアップは、ブリッジからどのくらいの距離にあるのがベストなのか? よくわからないので、手持ちのギターなどを参考にしつつ、テキトーに決めます。

ブリッジ位置からリアピックアップまでの距離。以前修理したエピフォンSGでこのくらい。
イラストレーターで書いたミニハムのサイズを本体にペタリ。
ボール番でズガガ! とおおまかな穴開け。

そういや、ここでプチ難関がありました。通常のハムバッカーでは、テンプレート用ガイドを装着したトリマーで問題なく作業できるのですが、今回は『ミニハムバッカー』という少々レア(?)なピックアップを使うので、この方法がすんなりいかないのです。

ミニハムバッカーは文字通り、通常のハムバッカーよりもサイズがミニなので、座繰りも小さいものを彫らねばなりません。トリマービットも3ミリ〜6ミリ径といった細いものを使わないとシャープな座繰りを彫れないわけです。しかし! トリマーで使うテンプレート用ガイドは10ミリ! この微妙なサイズの違いを考慮したテンプレートを作らねばならないというわけであり……何が言いたいかというと『非常に面倒くさい』という事です。

そもそも、ファイヤーバードを作る事自体が、もっと言えば、ギターなんぞを作る事自体が面倒くさいわけで。何を今更なわけで。文句をたれていても仕方ないわけで。

端折りましたが、耳の部分もトリマー&ノミで加工しました。

出来てきましたねー! ていうか、この先も作業は既に進んでいるのですが、今回の投降はここまでにしておきます。実はこの後、とんでもない事が起こるのでした……。(つづく)

自作ファイヤーバード(32)ボディのテーパー

ファイヤーバード進捗です。写真などではほとんどわからないのですが、ファイャーバードのボディには実はわずかにテーパーがついています。テーパー。わかりやすく言うとファイャーバードのボディ両サイドは均一な厚みではなく、外側に向かって斜めにすこーしずつ薄くなっているんですね。何やら製造上の失敗をなくすためのアイディアだとか。まあとにかくあれです…

めんどくさい!!!

まあ、工作とは面倒くさいものですよ。というわけで前前回切り出したボディ材を斜めにしてゆく方法ですが、いろいろ考えた結果トリマーでゆくことにしました。まずは余った木材を使ってジグを作ります。

できたのはこちら。ボディ材を囲めるサイズの枠。そしてトリマーの拡張ベースプレートです。おそらく、一回こっきりしか使わないであろうこのジグ。強度も必要ないので後でバラしてまた他の用途に使用できるように軽い端材でザックリ作りました。

わずかに角度をつけた枠(ジグ)にボディ材をセット。後はトリマーを縦横無尽に動かし、表面にわずかな傾斜をつけてゆきます。

両面にテーパーをつけたの図。写真ではあまりわかりませんね…。

さて。テーパーがついたら、前回作業しましたコントロールキャビティを仕上げてゆきましょう。「え?コントロールキャビティ掘るのは今回の作業の後でもよかったんじゃないの?」という疑問もあるかと思います。まあ、どっちでもいいといえばいいんですけどね。ボディ材が均等な厚みの時にやった方が垂直に掘れるので、この順番でやってみました。

削れてしまったキャビティ用の下書きをもう一度書き直しました。

ザグリビットを使い深さを、再調整。その後、ノミを使って空間を作ってゆきます。

できたら、これ用に作ったテンプレートを当てて、トリマーで蓋用の段差を掘ります。

はい。コントロールキャビティ、できました。うん。それっぽいですね! ではまた次回!!!

自作ファイヤーバード(31)コントロールキャビティ

自作ファイヤーバード進捗です。ボディの切り出しが終わったところで、今回はコントロールキャビティを作ってゆきましょう。コントロールキャビティ。ボリュームとか、トーンとかの機械が入っているあの空間のことです。

まずポット等を固定する穴を開けます。現在製作中のファイヤーバード1は、ピックアップが一個ですので、ボリューム&トーンのツマミが1つずつ、そしてアウトプットジャックの計3個。ボール盤でそれぞれの位置に穴をあけます。

左側の上下がボリューム&トーン。左側がアウトプットジャック用の穴です。

続いて裏側を、ザグリ用ビットで拡張してゆきます。あまり一気に深く掘らないように注意しましょう。

ザグリ用のビット、いいですねー。ボール盤との組み合わせが頼りになります。くれぐれも掘りすぎにはご注意を!!!

各穴の拡張が終わったら、同じくザグリビットでそれぞれの間に空間を作ります。それっぽくなってきましたね。このまま、キャビティを整形してゆきたいところですが、ここはぐっと我慢して次の工程に進むとしましょう。理由はまた次回に〜。

自作ファイヤーバード(30)ボディ製作

ぐずぐずしている間にすっかり梅雨に入ってしまいました。さあファイャーバードです。ネックが大分できてきましたので、待ちに待ったボディを作り始めましょう!

その前にネック材の両脇に木材を追加します。少しだけサイズが足りなかったので。今回はセンターと同じウォルナットを3ミリほどの厚さに切り出して貼り付けました。

では早速、ボディ材を切り出して行きましょう。使うのはアイモクさんで購入しましたアフリカンマホガニーであります。ネックの方はホンジュラスマホガニーですが、こちらはアフリカン。できればこちらもホンジュラスでいきたいところなのですが、この手の木材は年々貴重になっておりますのでアイモクさんでも大体売り切れ状態です。しかたありません。というわけで生まれ故郷の違うマホガニーの共演です。

ホンジュラスマホガニーのボディ材です。レスポールなんかを作るのにちょうどいいサイズです。
テンプレートを当ててみると…大分余りますね。スルーネックギターなので当然といえば当然。余った木材は何に使おう?

テンプレートをもとにしてジグゾー&トリマーテーブルで切り出してゆきましょう。

ジグソーテーブルでは、あくまでザックリ。
テンプレートを固定してトリマーテーブルで本番のカーブを削ってゆきます。
トリマービットの長さには限界があるので、向きなどを工夫して削ってゆきます。

はい。どうにか失敗せずに切り出せました。しかしこのままでは少々厚みがありすぎます。既にあるネック材と比べると全体的に1センチくらい薄くする必要があります。(初めから作るものが決まっていればボディ材の厚さについてはアイモクさんで購入する際に無料で調整してもらえるんですけどねー)

ネック材と並べた図。両サイドが厚すぎます。

 

木材の厚みを調整する方法はいろいろありますが、ここは電気カンナにやってもらうことにしました。いまいち使いこなせていない電気カンナ君。少しでも実践練習をしていきましょう。

流石は電気カンナ君、みるみる削れてゆきます。パワーは申し分なし。問題は使う側の腕なんですねー。
最後の部分も電気カンナで…とも思ったのですがなかなか難しそう。というわけで残った部分はノコギリで。全てを同じ道具でやる必要はないのだ!
おお!薄くなった!この調子でもう片方も!

はい。なんとか出来ました。こうして新しいカタチが見えてくると作業が進んだ気がしますねー。ではまた次回!

 

アシェットマジンガー(14〜29)

仕事やら家庭やらで多忙な日々を経て久々の更新です。例によって僅かな隙間に少しずつではありますが進めております。

そんなわけでマジンガーですが、14号から一気に29号まで。しかも細かい製作内容は端折らせていただきます(ごめんなさい)。理由としては、特筆するほどの内容がなかった…とでもいいましょうか。(ほとんど忘れてしまったというのもありますが…)

胸部の内部構造、肩、腕、そしてアイアンカッター(腕から生えてくる刃状の武器)です。

ここまでの感想としましては、相変わらず牛歩戦術の進行や、そのくせ全く共通パーツである左右の腕の工作順が左と右で異なっていたり、いちいちネジが小さすぎて舐めてしまいそうになったり、雑冊子を閉じる専用バインダーがデカいわりに収納できる冊数が少な過ぎるとか……。

すみません。思い出せる事が不満ばかりで、工作を楽しんだ記憶があまり出てきません。まあここまできて途中でリタイアするのもなんなんで、頑張ります!

というわけで、ギターの方も進んでるんで、また近いうちに更新させていただきます。

自作ファイヤーバード(29)指板アール

年初めから更新サボり気味の当ブログ。頑張って続けてゆきましょう。今回は、前回ポジションマークを埋めた指板にアールをつけていきます。

そうなんです。ギターの指板には、緩やかなアール(丸み)がついているんですね。そしてこのアール、ギターによって様々です。ストラトなどのフェンダー製ギターは比較的丸みが強く、反対にレスポールなどギブソン製は平らに近いという印象。

アールの整形には様々なメーカーから専用の当て木が販売されています。筆者が買ったのはホスコ製の物。表裏で異なるアールに対応しております。

写真の上側が254、下が305。アールというのは円の半径を表しておりますので、『305ミリの半径の円を書いたときの丸み』ということ。なので数字が大きい程平らに近くなります。

今回ファイヤーバードで使うのは305アール。こちらの面にサンドペーパーを固定して指板を削ってゆきます。

作業は特に難しい事はなく、ひたすら削るだけ。やってみてわかったポイントとしましては……

『ポジションマークのインレイはなるべくツライチ近くまで埋めるが吉』

前回接着したドットインレイは、全体的に出っ張り気味だったため、指板にアールをつける前に飛び出たインレイを削らなくてはなりませんでした。意外とこれが面倒で……。

色鉛筆で軽く塗ってから作業すると、削れてる箇所がわかりやすいです。

インレイが大体ツライチになったら、早速作業開始。ひたすらサンディングしてゆくと、次第にアールが出現してきます。指で触るとわかるのですが、ただの木材がギターになってゆく感じとでもいいましょうか。プチ感動。

さて、どれくらい削ればいいのか? 握ってみるとソコソコいい感じな気もするのですが、フレットを打って弦を張ってみない事にはなかなかわかりませんな…。あまり深追いせずに先の工程に進むとしましょうかね。今回はひとまずここで。