エピフォンSG修理その1

壊れた物を直すのは楽しいですね。前回はピグノーズギターを直しました。というわけでまた別のジャンクギターを修理してみましょう。今回はこちら。エピフォンのSGです。つや消し塗装がイカしてます。ウォームブラウンというものだそうです。

そこそこ使い込まれた感じもありつつ全体はとてもキレイで、パーツ類もそのまますべて揃っております。前の持ち主さんにはすごく大事にされていたのだろうなぁという感じが伝わってきます。ピックアップや他の部品も問題なさそうなこのSG、どの辺がジャンクかと申しますと……、

ガガーン。ヘッドが折れてしまっているのです。見事にポッキリと。ロッドカバーだけでかろうじて繋がっていたという状態です。

というわけで今回はこの折れたヘッドを修理してゆきます。もちろん折れたヘッドの修理など一度もやったことありませんが何事も挑戦あるのみ。がんばっていきましょう。

作業としてはタイトボンドを塗って圧着するという、これまでにも何度か経験のある内容。とはいえここは入念にリハーサルをして慎重にやってゆきます。

タイトボンドをたっぷり塗ってクランプを締めたら、このまま一日安静にしておきます。ガッチリとつながってくれる事を祈りつつ、次回へと続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です