自作ファイヤーバード(28)ポジションマーク

すっかりマジンガーブログと化していましたが、ちゃんとギター工作もやっております。というわけで新年一発目の投稿。

指板にポジションマークを入れてゆきます。先人の皆様の作例などを見るとオリジナルデザインのインレイを入れている方が多く、筆者もここはカッチョイイのをひとつ……などと思っていました。しかし今回はぐっと我慢。最もシンプルなドットインレイでゆくことにしました。本家ファイャーバード1もドットですし、「早く仕上げたくなった」というのが一番の理由です。

今回用意したのはMusiclily製のパールインレイ。Musiclily、元々パーツ製造をやっていた会社が立ち上げたチャイナブランドだそうで、最近Amazonでは大々的に売り出してますね。

注文したのは直径6㍉のもの。色や厚みにはバラ付きがありますが、まあ特に気にすることもないかと。

で、指板に穴を掘ってゆくわけです。バンドドリルやボール盤もいいのですが、ここは慎重を期してデカいピンバイスでゆくことに。しかし…!

ドリルだと穴の底がヘンテコな形になってしまう事が判明! まあ底なんてそんなに大事じゃないとは思うんですけどね。力のかかる部分でもないし。でも何か気になる……。ということで、トリマービットをボール盤に咥えさせてやってみる事にしました。(しかしこの判断が後に大きな失敗を招くことに…)

さすがトリマービットは削った穴の底が真っ平ら! 気持ちいい! ボール盤で使ってもとくに問題無さそうです。と思った矢先……あああ!!!

切削中にネック本体がズレて穴もズレてしまったああああああ!!! 固定が甘かった……。そうなんです。ペグ穴の時も感じておりましたが、この長さのものをボール盤に固定して、さらに位置合わせをするのが非常に面倒くさいのです。(スルーネックなので長さはほぼギターそのものですから)「慎重に」などと常々言っておきながら、こうしてズボラな作業をしてしまうんですよ。そうなんですよ。

にしても、どの方法が正しかったのか……? 今後の課題ですな。

気を取り直し、ドットインレイを接着してゆきましょう! 今回はエポキシ接着剤を使ってみました。

というわけで接着完了です。ごめんなさい。動揺のあまり出来上がった写真がありません……。

まだまだ安心して暮らせる日は来ませんが、今年は少しでもみんなが笑顔になれるいい年になりますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。