アシェットマジンガー(1)

ずっと気になってはいたんです。アシェットとか、ディアゴスティーニとかの組み立てキット。ある時タモリ倶楽部でGLAYのHISASHIさんがデロリアンを組み立てたというエピソードがあり、これがあまりに楽しそうで…。ちょうど発売されたばかりのアシェット社のマジンガーZを注文したのでした。

ところが、なかなか作る時間のないまま、どんどん溜まってゆくマジンガーの箱が部屋を圧迫…。というわけで作り始めました。アシェットマジーン!ゴー!

第一号の中身。パーツの他にDVDが入ってました。コマーシャル的なものですかね。これがマジンガーZのTVアニメだったらさらにテンション上がるのになー。
パーツはブリスターパックに入ってます。バリバリと台紙を剥がします。

まずはLED周りです。そう!このマジンガーは目が光ったり、様々なギミックが満載されているのです。ワクワク!!

LEDユニット。ハンダ付などは既にされています。ん? はたしてこれちゃんと導通してるのかな? 始めにチェックとかしなくていいの? まあアシェット社の厳しい検品をパスしている以上、不良品などはないという事なのですかね。

ところが…いきなり接着剤を使う工程が!? え? こういうキットって、ネジとかクルクル回すだけで作れるもんじゃなかったの? しかもキットに接着剤入ってないけど? どんな接着剤を用意するの?

プラパーツ同士とはいえ、ABSとか、塩ビとか色々あるので、接着剤なら何でもいいというわけにはゆきません。

説明書に書かれているのは『多用途接着剤』。

多用途接着剤って何? 瞬間接着剤とか、エポキシとか、何で具体的に指示してくれないの? 大丈夫なんだろうか?このキット…。

訂正)多用途接着剤という呼び名があるのですね…。いわゆるボンド的なあの辺ですね。勉強不足で大変申し訳ありませんでした、アシェット様。

プラスチックどうしとは言え材質がわからない以上、プラセメントなどではくっつかない可能性もあるので、今回は瞬間接着剤で接着しました。

完成したLEDユニットを、土台的なものに組み付けてゆきます。やったー!ネジだー! 付属のドライバーでクルクル〜♪

そして次は…ジャジャーン! 目!

いいですね。このマジンガー感。金属パーツにプラスチックの目パーツをはめ込みます。ここはネジも接着剤もナシ。パコっと嵌め込むだけです。

そして次は…ジャジャーン! アタマ!

説明書「このパーツは今回は使いません」

ガクッ!

「じゃあ入れんなよ!」とツッコミを入れたくなりますが…大丈夫。次の号もすでにあるので。すぐに作業できるんです。

というわけで、今回はここまで。次回につづきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です