アシェットマジンガー(5〜13)

引き続きアシェットマジンガーの製作記事です。今回は5号から13号まで一気に行っちゃいましょう。

【第5号】

箱を開けた瞬間衝撃が走ります。

え? 今回パーツこれだけ?

組み立ても一瞬。ネジを2本回して、パーツを嵌め込んだら終了です。

前号までの、みるみる出来上がってゆく気持ちよさは幻だったのか? 一体どこの何を作っているのかもわからない金属パーツを前に茫然自失のまま次号に続きます。

【第6号】

気を取り直して箱を開けた筆者の目に飛び込んできたのは…ものすごく見覚えのある光景。

説明書を見ないでも組み立てられました。これ…2週に分ける意味あるのか…?

【第7号】

またも何だかわからない金属パーツ。申し訳程度についているパイルダーの部品が悲しみを誘います。

【第8号】

うんそうだろうね。そう来ると思った。

またしても説明書を見ないでオッケーな組み立て。

ロボット模型において同じパーツを2回組み立てるという宿命なのはガンプラで経験済みとはいえ…やはり一回で十分なボリュームだろこれ…?

【第9号】

おお! 前号までとは違って新たなパーツ! マジンガーでは見慣れたアソコではないか! 今回は新鮮な気持ちで作れそう!

肩パーツ内部にボールジョイントを内蔵した金属フレームを取り付けます。うむ。久々にマジンガーを作ってる感じ!楽しいですね!

【第10号】

再び同じパーツが来ると確信していたのですが、捻って来ました。とはいえ、部品の少なさは相変わらずです。

以前作った金属パーツに2本棒を追加。そして交換用フェイスパーツ(目を光らせない用)、パイルダーパーツです。

【第11号】

新たな金属パーツが来ました。『肩』であるとの事です。

ネジを4本つけて完了です…。

【第12号】

はい。来ました。見ないで出来るパターンです。

肩が二つ出来ましたね。

【第13号】

今回は新しいパーツだ! と心が弾むものの…またしても工作としてはごく僅か…。あっという間に終了です。

筆者の場合、何週分も溜まっていたので、文句を垂れつつ続けておりますが…本屋さんなどで毎週購入している人などは、どんなふうにモチベーションを保っているのでしょう?

『こういうもの』と言われてしまえばそうだし、『少しずつ作る楽しみ』を提供してくれるアイテムには違いないのですが…。ここまで露骨な『引き伸ばし』をされてしまうと、一回一回の内容が『値段』に見合っているのか? と、首を傾げざるをえませんねぇ…。

とはいえまだまだ序盤です。もっともっと形になってゆけば、楽しくなるはず!そう信じて次回へつづく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です