エピフォンSG修理その3

ようやく暖かくなってきましたね。夏になって暑くなるまでは外で工作するのも気持ちいいものですが、それはまだちょっと先ですかね。さて本格的な春を待ちつつSGの修理を続けましょう。

前回開けた補強材用の溝に、補強材を作って埋めてゆきます。補強材はメイプルを使います。SGのネックはマホガニーなので、同じ木材を使った方が手術痕が目立たないはずです。しかし先人の方々の作例を見ると、見栄えより強度を優先してマホガニーより固いメイプルを使うのがいいみたいです。

ネック製作用のメイプル材です。ちょこっと切り出します。

切り出したメイプル材を溝のサイズに合わせて整形してゆきます。現物合わせでちょっとずつ削ってゆき埋め木を作ってゆきます。

いつもそうなのですが、1個目を作る時は、もの凄く時間がかかりますが、2個目となると驚くほど簡単に出来てしまいます。やった事あるのと、ないのでは大違い。やはり身を以て経験するのが大事という事なのでしょうか。

のこヤスリで大まかに削り、紙ヤスリで修正を繰り返します。それにしても、のこヤスリでの作業は楽しいですね。

グイグイと溝に押し込んで奥までピッタリ埋まるようになったら埋め木の完成です。これらをタイトボンドで接着し、クランプで固定します。

このまま、また一日放置します。ヘッドの接着の時ほど緊張せず、気楽に作業ができました。全ての作業がこうだといいですね。さて無事にくっついてくれる事を祈りつつ次回に続きます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です