ジャンクパーツ収集

ギター工作をするようになってからというもの、ギターのジャンクパーツ収集という妙な趣味ができてしまいました。リサイクルショップや、フリマサイトなどで気になったものをついつい買ってしまうのです。

以前であれば、ジャンクパーツなど全然興味がなかったのですが、今ではそうしたジャンク売り場が宝の山にに見えてしまうのだから不思議なものです。

というわけで今回は、ここ最近手に入れたお宝達を紹介します。

まずはこちら。ネックです。TEISCOというビザールギターで有名な日本のメーカーのものです。調べたところS-2というモデルで、テレキャスターに良く似たボディがついていたようです。

左右で僅かにオフセットされたペグ位置。テンションバーなどがカッコいいですね。そしてよく見るとゼロフレット!

このネック、一番の特徴は何と言ってもヘッドの形状です。ビザールギターというほど派手さはないものの、なかなか他では見られない独特のシェイプ。試しにいくつか他のジャンクボディに乗せてみると、不思議とどんなボディにもマッチしてしまいます。古いものですが目立った痛みは見当たらず、むしろアンティークな存在感を醸す一品。ヘッドについていたはずのTEISCOロゴがないのが少し残念ではありますが、オリジナルとおぼしきペグが残されているのが嬉しいですね。

さてどんなギターに組み上げようか、うふふ、とあれこれ想像をめぐらせてしまいます。

続いてこちら。ご存知フライングVのボディです。おそらくHOSCO社の組み立てキットのものと思われます。

前のオーナーによって目にも鮮やかな水色の塗装が施されております。下地処理も全くされておらずクリア塗装などもされていないところを見ると、小学生が夏休みの工作で作ったものかもしれません。「空飛ぶフライングVだから空色!」と目をキラキラさせて発想したに違いありません。いいですね。心が洗われます。

さてお次はこれ。ギターから剥がれた指板です。エピフォンのレスポールカスタムについていたものだそうです。某フリマサイトにはこんなものまで出品されているから不思議です。フレットも全部外されております。しかも上の方割れてるし(笑)。

これを売ろうと思った人がいるのも驚きですが、買う方もどうかしてますよね。自分でも将来こんなものに嬉々としてお金を払い買ってしまうような大人になるとは夢にも思いませんでした。でもきっといつか何かに使えることでしょう。

試しにTEISCOネックをHOSCOのVに乗せてみました。ふふふ。なかなかいいではありませんか。

まだまだ他にも沢山あるのですが、今回のガラクタ自慢……もといお宝紹介はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です